今日のカメラ散歩

カタクリの花とギフチョウ

4月2日

 春の山野草として親しまれているカタクリの花、ここ関市武芸川町の保木山にはカタクリの群生地があり、今が見ごろ。このカタクリの花にギフチョウが止まると聞いてカメ友と出かけてみた。
 ここのカタクリ群生地は地元の人が「保木山カタクリの里」として自然を守っており、淡紫色の可憐な花が山の斜面いっぱいに咲き誇っていた。ギフチョウは里山の開発などにより極端に減少、貴重な蝶として保護活動が行われている。
 貴重な山野草とチョウを狙って多くのカメラマンが挑戦していたが、果たして…?  私の場合、運よくゲットすることができた。
 

密生するカタクリの中にショウジョウバカマも顔を見せていた

カメラ散歩・主な履歴

モンキチョウも舞っていた