今日のカメラ散歩

「あぁ、こりゃこりゃ…」 カルガモさんが余興を見せてくれた。

シロチドリ

キアシシギ

四日市・海辺のシギたち

海面に飛び込む鳥がいたのでコアジサシかと思ってシャッターをきったが、残念カモメだった。

9月12日

キョウジョシギ…これも多くのシギと同じように旅鳥で、春と秋の渡りのときに数羽の群れでここにやってくる。

オバシギ…大きさとしては中型、東南アジアなどで越冬する旅鳥で、春と秋の渡りのときによく見かける。

チュウシャクシギ…ホウロクシギとよく似ているが体型がやや小さい。ここではよく見かけるシギの一つだ。

ようやく秋めいて海辺の風も心地よい。ユリカモメなど冬鳥でにぎわうここ四日市市楠町の海辺(鈴鹿川派川河口)はまだ閑散としているが、よく見ると数種類のシギがあちこちで餌を啄ばんでいる。深まる秋とともにその数も種類もだんだんと増えてくることだろう。

カメラ散歩・主な履歴

干潟の砂や石にくっついた貝殻などをつつき、小さなゴカイや甲殻類を見つけて食べる。ここでも小さな蟹を見つけたようだ。

ホウロクシギ…初見のシギ、日本で見られるシギ類の中では最も大きいそうだ。おかげではるか彼方にいたが鮮明に捉えることができた。