今日のカメラ散歩

この二つ、花か葉か、あるいは実なのか、もちろん名前も判らないが、ちょっと面白いので撮ってみた。

ヘクソカズラ…可愛い花なのにとんてもない名前がつけられている。近づいてみるとそれらしき臭いが少しは匂ってくる。これではあまりかわいそうだとサオトメバナの別名もつけられている。

実りの秋、稲穂の間からツユクサが顔を覗かせていた。

小さい秋・小さい花・み〜つけた

9月1日

いつまでも続く厳しい残暑、それでも鳥さんを追って出かけてみるが空振りばかり。そこで朝の散歩で見かける小さな草花を写してみようと、マクロレンズで出かけてみた。普段なら見過ごしてしまう野道の草むらには、忍び寄る秋を告げるように名も知らぬ花が顔を覗かせている。いずれも数ミリから2センチぐらいの可愛い花である。

ニラ…どこかの畑から種が飛んできたのか、野道のあちこちに可愛い花を咲かせている。

名前は知らないが、水田横の空き地にぎっしりと咲いていた。

色違いの花はまったくの別種、名も知らない。

ハギ…秋の七草の一つ、草かんむりに秋と書いて「萩」だからまさに秋の花の代表かもしれない。枝いっぱいに小さな葉や花をつけているので、一つの花としては目立たないがアップで見ると色も形もユニークで可愛い。

カメラ散歩・主な履歴

ヤブミョウガ…真珠球のような白い花を咲かせ、葉や茎が冥加に似ていることからこの名がつけられているが、冥加ではなく、ツユクサ科に属する花だそうだ。

草むらの中で見つけた可愛い花、名前は知らない。

トキワツユクサ…これは栽培しているのか、通りがかりの庭先に咲いていた。

マルバルコウソウ…直径2センチにも満たない小さい花、江戸時代、観賞用としてアメリカから入ってきたそうだが、今では野草化して雑草の中でひっそりと咲いている。