今日のカメラ散歩

タマシギ・スペシャル

8月11日

今年8月7日、オスが抱卵中、下のような可愛い光景も間もなく見られそうだ。。

 最近の猛暑、鳥見どころではない。休耕田のタマシギなら車内から狙えるだろうと無理して出かけたが、抱卵中で動きがない。そこで夏枯れのつなぎとして在庫の中からタマシギのペアを特集してみた。
 ほとんどの鳥さんはオスが美しく主役だが、タマシギはメスがえらいさん、産卵はもちろんメスだが、巣づくり、抱卵、子育てはオスの役割、歩くときはいつもメスが先導している。

田植え直後の水田で巣づくり、雛の誕生を楽しみにしていたが、稲の生育が早く姿が見えなくなった。

カメラ散歩・主な履歴

別の休耕田ではメスがさかんに求愛していた。