平安朝を偲ぶ京都・葵祭

 祇園際、時代祭とともに京都の三大祭りとして有名な葵祭が、快晴に恵まれた5月15日に行われた。「四日市史跡と文化財を訪ねる会」の企画に同行、初めて見学することができた。
 葵祭は、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭として知られており、平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かう。

府立植物園でしばし時を過ごし、午後3時ごろバスで帰途についたところ、運よく下鴨神社に向けて市街を行く行列に遭遇、バスの中の特等席?から行列の全容を見ることができた。

行列の主役でもある近衛使代の牛車

新緑に包まれた下鴨神社参道を内蔵寮の官の列・馬量の官の列・勅使舞人陪従の列・斎王代女人の列などが次々と通っていく。