「うだつ」が上がる阿波の脇町

 徳島の玄関、大鳴門橋を渡って間もない脇町には「うだつ」のある、珍しい古い町並みがある。阿波藩主・蜂須賀家政の奨励で盛んとなった阿波藍の商人町として栄え、塗籠め壁の重厚な家々が軒を連ねている。
  「うだつ」(卯建)というのは、町家の妻壁の横に張り出した袖壁で火よけ壁ともいい、防火の役目をした。江戸時代、富裕な家はこの卯建をあげた立派な家を建てた。この脇町は富裕な藍商人が軒を連ねていたのであろう。