若狭鮫街道・熊川宿

 大津から琵琶湖沿いに湖西道路ほ経て若狭路めぐりの途中、若狭鮫街道の熊川宿に立ち寄った。古代、若狭は朝廷に食料を献上する御食国(みけつくに)のひとつで、日本海で獲れた魚介類を京都へ運んでいた。18世紀後半、若狭の海で鯖が多く陸揚げされるようになり、鮫街道と呼ばれるようになった。この街道の宿場町・熊川は、天正のころ若狭の領主・浅野長政が宿場町としたもので、今もその頃の面影を残し、多くの観光客が訪れている。