水面にいたアオサギ?がいつの間にか塀の屋根でポーズをとっていた。

歴史の町並み・新緑の倉敷散策

幾何学的な漆喰が美しい倉敷考古館

倉敷川を取り込むように建つ料亭(左側)、右は旧大原邸

 5月下旬、バスツアーで歴史の町並みを残す倉敷の美観地区を訪ねた。朝まで降っていた雨も上がり、町並みは深みを増した新緑に包まれていた。
 倉敷は、江戸時代、幕府直轄地である「天領」として栄えた町、その中心である倉敷川畔には、商人の町家や白壁の土蔵が立ち並び、柳並木が川面に揺れて情緒を醸し出している。また小さな路地裏にも当時の建物が修復・再生され、ギャラリーや喫茶店、土産物店など個性的な店舗として利用されている。
 この一帯は「倉敷美観地区」としての保存地区であると同時に、今を生きる人々の生活の場でもあり、まさに本物の生きた町並みといえる。その姿は江戸時代から現在に引き継がれ、そして未来になっても変わることはないであろう。

横から見た大原美術館…建物そのもの、また美観地区一帯が美術館でもある。

露地から見た大原美術館、右の建物は旧大原邸

旧大原邸は、川の石垣からも木が伸び、深い新緑に包まれていた。

水面に姿を映す民芸店

江戸時代からの町並みには民芸店などみやげ物の店かずらりと並んでいる。

道端に、有名人などの肖像画が無造作に並べられていた。

一番手前にある「今橋」…建物は国指定重要文化財・旧大原家住宅

川のほとりにある栴檀の古木

美観地区には三つの橋がかかっているが、これは中央にある「中橋」

小舟・天領丸に揺られて、川面からの町並みめぐり

川のほとりには栴檀(センダン)の古木も多く、ちょうど花盛りであった。

建物(喫茶店)ごと新緑に覆われた散策路