関の地蔵さんと東海道・関宿散策

江戸時代初めから両替商を営んでいた橋爪家。街道に面して三角形の屋根を見せるこの建物は、関宿では珍しいものです。

電気屋さんも、町並みの風情に合わせて営業していました。

 福蔵寺と小万の墓・・・関の小万は孝女の仇討ちで知られ、鈴鹿馬子唄にも歌われています。その小万の墓と記念碑が福蔵寺境内にあります。

昔からの鍛冶屋さん、1年程前から営業はやめていますが、往時そのままに作業場が保存されていました。

こちらは桶屋さん。今も営業を続け、その技を観光客に披露していました。

商家も、それぞれに往時の趣を残しています。

関宿を代表する旅籠のひとつ、鶴屋(波多野家)。江戸時代には脇本陣をつとめ、座敷の前についた千鳥破風がその格式を示しています。

江戸時代の高札場跡。今は関郵便局になっています。

 関宿は、東海道五十三次の内、47番目の宿場町です。旧東海道の宿場町も、今ではそのほとんどが旧態をとどめない中にあって、関宿は唯一、歴史的な町並みが残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
 この関宿の中心にあるのが、関の地蔵さんとして敬愛されている地蔵院です。
 

江戸時代から関宿の銘菓として伝承されている老舗「関の戸」本舗

関宿の町並み

お地蔵さんが、よだれかけをしているわけは?

 関宿は、亀山寄りにある東追分から、土山寄りにある西追分の間約1・8kmの町並みで、江戸時代から明治時代にかけて建てられた古い町家200軒余が残っています。

 享徳元年、本堂の大修理に際して、改めて地蔵菩薩の開眼供養をしたのが一休禅師。一休禅師は自ら身につけていた衣襟を地蔵様の首に巻いて供養したが、このことが、一休さんの人柄と重なって「褌を首にかけて供養した」と伝えられたといわれています。
 お地蔵さんの首には、よだれかけがかけられていますが、この一休禅師の開眼供養が始まりと伝えられています。
 地蔵院の境内には、一休禅師の石像があります。

 「関の地蔵に振袖着せて、奈良の大仏婿に取ろ」の俗謡で名高い「関地蔵院」。天平13年、奈良東大寺で知られる行基菩薩が、諸国に流行した天然痘から人々を救うため、この関の地に地蔵菩薩を安置したと伝えられ、全国津々浦々、数あるお地蔵様の中でも、最も敬愛されているのが「関の地蔵」だといわれています。