ジェット船で行く瀞峡めぐり

 丸山千枚田など紀和町の見どころを回った後、和歌山県との県境を流れる北山川沿いの温泉・清流荘に宿泊した。ここは湯の口温泉とを結ぶトロッコ列車の駅にもなっている。また新宮・志古を発着するジェット船の中間乗り場もすぐ近くにある。
  瀞峡は、和歌山・三重・奈良にまたがる、この北山川(熊野川の支流)の渓谷のことで、侵食作用によって作られた、奇石や断崖絶壁はまさに絶景である。上流から奥瀞、上瀞、下瀞(瀞八丁)に分かれ、特に下瀞は奇勝が続き、国の特別名勝、天然記念物に指定されている。
 訪れたこの日は、2日前の台風14号による大雨で、上流ダムの放水で流れが濁っていたのが残念であった。

翌朝、宿の露天風呂(写真右)から眺めると、山に靄がかかり、空はしだいに明るくなってきた。川辺に出てみると、地元の人が清流でアユ釣りを楽しんでいた。

上船場の近くにも、アユ釣りの小船が浮かんでいた。

我々を乗せるジェット船が近づいてきた。

ジェット船はしぶきを上げて、一路瀞峡へ…

しばらく行くとジェット船の天蓋が開き、上からの眺めも楽しめる。