カモメ

撮影地 四日市市楠町・鈴鹿川派川ほか

四日市の南端、楠町の海辺(鈴鹿川派川河口)には秋から春にかけていろんなカモメ類が飛来、多いときには数千羽が河口の浅瀬に群がっている。多いのはユリカゴメ、カモメ、セグロカモメ、ズグロカモメ、ウミネコなどだが、冬羽・夏羽などで羽の色や模様が変わり、大型小型もあって識別は難しい。