撮影地 琵琶湖(湖北)

レンカク

 体長50センチほど、全体的には白と黒が基調だが、顔と首の前は白く、後ろは黄色、弧を描くような尾も美しい。
まれに見る珍重らしく、この地方では数年前、奈良・平城京の池で見かけて以来だという。鳥の種類は「迷鳥」とのこと、どこから迷い込んだのだろうか。